FC2ブログ

2019-06-16

come

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 6月16日(日)09時45分42秒
より

kite.jpg

[短くキスを切り上げた怜子は、密着を解いた肢体を回して。
艶美な背中と臀を志藤に向けると、上体を倒して、また鏡台に両手をついて。
片膝を上げて、ストールの上に乗せて。
背後へと首をねじって、妖艶な流し目を若い情人に向けて、
「……来て……」
静かな声で、そう求めた。]



kite2.jpg

2019-06-16

interview with Reiko

ビジネスで北欧に滞在中であるSUZAKIの怜子社長に
地元デザイン誌からのインタビュー。

interview.jpg

海外メディアに対しては、日本のメディアとはまた違った「装い」で対応。
「脚組み」はむしろ海外では必須のようで。

2019-06-15

蹲踞で

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 6月 2日(日)14時18分20秒
より

reiko sonkyo
・・・「さも嬉しげに志藤が言ったが。
例によって含みがある。
今夜の怜子が示す肉根への執心ぶり、
隙あらばむしゃぶりついてくるといった執着ぶりを、揶揄しているのだった。」

2019-06-01

母娘の違いを。

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 5月26日(日)11時58分58秒
より

ちがいをみせるわ

2019-05-18

驚くわ

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 5月12日(日)14時11分45秒
より

odorokuwa.jpg

2019-05-11

見事な尻のみならず・・・

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 5月 5日(日)09時20分27秒
より

飲み干したグラスをわきのテーブルに置き、
美義母の熟臀をひとしきり撫でさすった後で問う・・・

eiko shape up

2019-05-07

ハードにワークアウトする怜子ママ

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 5月 5日(日)09時20分27秒
より


「……そうだったんだわ……」
続けた、その呟きこそ、より率直な述懐だったのだろう。
そのときには、決して自らに認めようとはしなかったけれど、と。
その眼に恨めしげな色が浮かんだのは、暗鬱な気分を呼び起こされたからだった。
明るいジムの片隅で、ひとり黙々と汗を流していたときの。

それまでは多忙を理由に甚だ怠惰な会員だった自分が、いきなりハードなトレーニングを始めて。
不慣れなマシンに手を出して、なのにインストラクターの介助は頑なに拒んで、
挙句オーバーワークに陥るといった愚行を繰り返して。
そうまで自分を駆り立てるのは、ただただやり場のない憤りなのだ、と己に言い聞かせて、そうするしかなくて。


reiko straininga3



辛酸をなめた日々 影の努力
お節介なンストラクションさえも疎ましく感じられて、
ただ、やみくもに・・・。
その想いを繋ぎとめておくためだけに・・・。

この努力・・・後になってちゃんと「報われた」怜子ママです。^^

2019-05-06

あなただけよ

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 5月 5日(日)09時20分27秒
より

それでも“どんな思いで”と、恨みをぶつけたくなったのだが。
「うれしいですよ」
と、男が口にしたひと言で、霧散してしまう。
“報われた”という感激に胸を満たされて。

顔を寄せてきた志藤の口に、新たな紅を引いた唇を吸いつかせていった。
両手は臀に添えたまま首をねじった不自然な態勢で、ねっとりとしたキスを貪った・・・。
reiko butt kiss

2019-04-27

ミーファミーティング画像

2019.4.27のミーファミーティング(ライブ配信)21時あたりから1時間45分やりました。

ライブの成果
reiko moso10

REI]]イラスト


※初めての方は こちら をご覧ください

2019-04-27

怜子社長の妄想 9

ストッキングは腿まで。
ショーツは着けておらず。
剥き出しになった白い臀丘には、真っ赤な手形。
それを愛しげに指先でなぞりながら、
『悪いわね』

その頬に、一片の朱さえ刷かぬまま、勝ち誇った声で女社長は男たちに告げた。
『これは、彼のものなのよ』

reiko moso09

2019-04-23

怜子社長の妄想 8

一気に。
  躊躇なく。
       スカートをまくり上げ そして 
             熱い吐息が漏れた・・・。
reiko moso08

2019-04-22

怜子社長の妄想 7

男たちの眼前へとぐっと突き出した巨臀のかたち。
張りきった布地のきめ細かで上質な光沢は、いまにも裂けようかといわんばかり。

自らその巨きさを確かめるように 愛おしげに撫でまわす女社長。
男たちの熱い視線が一点集中で突き刺さる
ブルッと巨臀に震えを走らせると
垂れたブルネットの髪の隙間に見え隠れする唇から 吐息がひとつ漏れた。
やがて手は下へと移動し、タイトスカートの裾に紅いネイルを滑り込ませるや・・・・

reiko moso07


2019-04-21

怜子社長の妄想 6

身体をまわして、男たちの眼前へと突き出すようにした巨臀。
ねちっこく 円を描きうように、
両の手で撫でまわしはじめた。

reiko moso06

2019-04-21

怜子社長の妄想 5

『なにを見ているの』
険しい目で男たちを睨みまわす。
慌てて、逸らされる視線、背けられる顔・・・。
そんな男たちの情けない姿を、女社長はもう一度見回して。

うつむいて ふっと一息をついた 次の瞬間、
ふわっ、と。
その表情が妖しく、淫蕩な笑みを浮かべたものに変わる。

reiko moso05

2019-04-21

怜子社長の妄想 4

エスカレーしていく男たちの淫らな視線・・・
その視線はそのまま無遠慮な手となって怜子の肢体を這う。

意を決したように、
カツーンとひと際高い音を響かせて、怜子は足を止める。
振りかえりざま、オフィスに響き渡る声で 男どもを一喝、たしなめる。

reiko moso04

2019-04-21

怜子社長の妄想 A

(こちらは本編ストーリーとは関係のない派生妄想ラインです)



・・・・不埒な男たちの淫らな視線が
 怜子を まるで煽情的なランジェリーを身にまとい オフィスを歩いているような気分にさせる。

いつも特に視線を強く感じるのは この二人だった
設計部の若手社員と 海外大手商社のビジネスマン・・・
4reiko moso0

そんなふたりの 怜子への喝采がオフィスに響く
怜子は意にも介さぬふりをして その先の社長室を目指す
しかしその歩みの速度はあがらない。
いやむしろ、ますますその巨臀を左右に振るようにしながら ゆっくりと・・・

進路をふさいだ二人の間の狭い隙間を通らねば 社長室にはたどり着けない。
かといって 二人を迂回するつもりもない・・・
・・・いや、社長たるもの、そんなことはせず はねのけて進むのだと 自分に言い聞かせる怜子。

2019-04-20

怜子社長の妄想1、2、3

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 4月14日(日)09時55分36秒
より


― “SUZAKI”のオフィス。
カツカツとヒールを鳴らして闊歩する女社長。
常のように、一分の隙もないスーツ姿で・・・。

reiko moso01

その豊麗な姿を 周囲に気づかれぬよう 密かに目で追う
“SUZAKI”の若手社員と 海外資本大手商社からの商談相手・・・



歩みにつれて煽情的に揺れる、タイト・スカートを張り詰めた巨きな臀。

reiko moso02

四方から向けられる好色な視線。
“若手部下”も“商談相手”も、それぞれ特定の人物が割り振られて。
しかし現実にはけっして見せたことのない、欲望を露わにした表情で。


「他の男、若い部下や商談相手から熱い視線を向けられても、妙な気を起こさないように・・・」
「……ああ…そんなこと……」

“・・・男たちの目を引き寄せ、欲望をそそっている・・・”
かつては、そんな不埒な視線を、撥ね退けるというより未然に封じていた“力”が弱まっているのかもしれない。
意識的に築いていた“防壁”が綻んで、付け入る隙といったものを周囲に感じ取らせてしまっているのかもしれない・・・。

不埒な視線 玲子を捉え、絡みつき、どこからかいくつもの手が伸びてきて
遠慮もなくひとつづつ 怜子の着衣を剥ぎ取っていく・・・
reiko moso3
慄然とすべき想定は オフィスを闊歩するいま、怜子の意識の中を占めていた

2019-04-13

巨きな!!!


Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 4月 7日(日)11時02分54秒
より


「回って。」
reiko butt2



「……あなた、
reiko big butt
この巨きなおしりが好きよね……?」



(追加画像です ^^)
ookina.jpg

2019-02-18

2019年2月16日ライブの記録

20時より3時間開催しました成果(笑)

uresii.jpg



reiko 201902161


reiko 201902162


reiko 201902163

2019-02-15

大柄な義母の体躯を軽々と引き寄せる逞しい娘婿

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2019年 2月10日(日)11時51分9秒
より

繋がったまま仰向けになったために、
頭がベッドの端近くに落ち、
乱れた髪先が垂れ落ちていた。

それを見た志藤が怜子の両腿を抱えて、
無造作に引き寄せた。
引き摺られてp
「ああっ」
プロフィール

のいすか

Author:のいすか

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる