FC2ブログ

2009-12-20

エクスタシィ・フライト  14 最終回

本日は JUK AIR LINES にご搭乗頂き 誠にありがとうございます・・・

緊急の際の、救命胴衣はこのように・・・
まあるい球を両手で引きますと、このように膨らみます・・・
空気が足りない場合は、両側の吹き込み口へ 空気を入れて下さい・・・


勿体つけるような、艶っぽい仕草で
そのパーサーは救命胴衣の説明をしてみせた。
全シートがファーストクラスというこの高級旅客機の客はみなリッチな男性で
誰もがこのパーサーの仕草に釘付けとなった・・・


酸素マスクは,,,スゥー・・・・このように・・・スゥー・・・
(はぁ・・なんだか・・・急に胸がドキドキしてきて・・・これ本当に、酸素・・・なの?)


・・・全世界の航空会社からスカウトされた、
選りすぐりのフライトアテンダントたちの特別サービスに
どの客達も じゅうぶん満足して、目的地へと旅立って行くのだった・・・


Flight_miki.jpg


テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等
ジャンル : アダルト

2009-12-15

エクスタシィ・フライト_佐野美希_13

「おい見ろよ! JUK AIR LINESのスッチー達だぜ!」

国内に完成したばかりのハブ空港、国際線の搭乗口。
搭乗待合の客のなかを、長身の女性フライトアテンダント達がさっそうと通りかかった。
どれも絶世の美人ぞろいで話題の航空会社、JUK AIR LINESの女性たち・・・

この新しい航空会社は特別高価な機材を用いてプレミアムジェットの名を称している。
最初はヨーロッパや中東方面を主な航路としていたが、最近日本に就航したばかりなのであった。
JUK AIR LINESは、エコノミークラスというものがなくすべての席がファーストクラス仕様で、
通常料金よりはるかに高価格設定の航空会社であった。
しかしそれにも関わらず、その予約は常にいっぱいなのである。
噂では、フライトアテンダントたちの特別サービスが用意されているとか、
そういったまことしやかな噂が、
JUK AIR LINESの女性たちを よりいっそう世間の注目の的とさせていた。
世界各国の選りすぐりの美貌を誇る経験豊かなフライトアテンダントたち。
空港ではその姿をカメラに収めようとする追っかけカメラマンばりの者さえいた。


 flight013

「うひょ~!JUK AIR LINESも、ついに日本就航だぁ!」
「どれもいい女たちだなぁ!一度でいいからJUK航空に乗ってみてえ!」
「おほっ!何と日本人のアテンダントもいるんだなぁ!いやぁ美人だ!」

まるで有名人でもあるかのように カメラのフラッシュを浴びるフライトアテンダントたち。
そんな憧れの眼差しを向ける大勢の客のなか、
待合席に座って、携帯電話でなにやら話し中の野球帽を目深に被った男が居た。

「はい・・・今月のスケジュールはこれまで納入した機材のチェックが主で・・・はい、そうですな・・・」

男は近づいてくるJUK航空のアテンダントたちの一団に目をやる。
男と目が合ったのは、結婚後のブランクを経て、JUK AIR LINESの仕事に就いて間もない、
あの色生美希・・・佐野美希だった・・・

むしろ美希のほうが待っていたというように、向けられた男の視線に微笑み返す美希。
男のほうも近づいてくる美希に気づいて、その笑みにニヤリと不敵な笑みを浮かべて応える。

「ふふ・・・スカウトしてやった新しい航空会社でも、見事パーサー役に就いたようだな。
やっぱりオマエは現役のドスケベパーサーでなくちゃいけねえ・・・
オマエみたいな一流の’機材’が、主婦に収まってるなんて勿体無いことは
俺が絶対させねえさ・・・」

男を見つめる美希の瞳は、何かを請うような目つきである。
ニヤリと笑みを返し、男は手元のモバイル端末をペン先で操りはじめた。
「ふむ・・・スカウト機材’美希’の定期点検は、三ヶ月後の予定か・・・」
男は端末のスケジュール表を見て、ちょっと考えたあと予定をペン先で操って組み替えた。
美希に野球帽のつばをさっとつまんでみせる男。
それは美希にしかわからない、男からの秘密のサイン・・・

(・・・オマエの定期機材チェックは、来月に繰り上げてやったぜ・・・)

足早に目の前を横切る美貌のアテンダントたち。
さらに激しくカメラのフラッシュが炊かれた。
すれ違いざまにさっと片手で合図を返す仕草を見せた美希。

「おおっ!俺に返事してくれたぞ!あの日本人パーサーさん!」
「うっひょ~これまたとびっきりのスマイルが撮れたァ!」

カメラを向けていた男たちが、歓喜の声をあげた。
その合図は、実は野球帽の男に向けられたものとは誰も気づいていない・・・

(・・・ああっ・・・嬉しいッ・・・来月の「ご搭乗」、お待ちしておりますわ・・・)






(エクスタシィ・フライト_おわり)






テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等
ジャンル : アダルト

2009-12-13

なにげラフ_レポーター

スタジオの美濃さ~ん!
きこえますか~~!
わたしはァ~、いま、北の大海原のまっただなか、漁船のなかですよ~~
お正月にもかかわらず漁にでる、北の漁師たちのレポートをしま~す!
たいがいの漁師は休んでいるんですがそこを狙って漁に出る男達は・・・・


reporter.jpg



中継がおわったあと・・・




おうッ!ネエちゃん!
いくら俺たちでも、正月にぁ漁に出ねえんだよ!
どうしてもっちゅうから、このシケのなか船出してやったが、
こんなシケじゃあ獲物のかからねぇのは当たり前なんだよ!
おまけになんだ!あのいい加減なレポートはぁ!
こいつめッ!
俺たちをなんだと思ってやがるッ!
かわりに、このエロい身体で相応の支払いをしてもらうからな!

泣き叫んでも無駄だぜ!
あいにく、オマエんとこの局の奴らは、このシケでみんな甲板でダウンしちまってるよ!
ネエちゃんだけ船酔いに強かったことを、後悔するんだな!
岸までタップリ2時間はかかるから覚悟しな・・・・!



労働者の平穏を乱すおバカレポーターに制裁を!



テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等
ジャンル : アダルト

2009-12-01

エクスタシィ・フライト_佐野美希_11

色生美希としてのフライトは、それが最後だった。
副機長の佐野は機長に昇進、そして、美希と結婚した。
それを期に、美希は職場を辞した・・・
佐野美希としての新たな人生を歩むために・・






数ヶ月後・・・

豊富な資源を誇る世界で最も財力のある某国。
新設したアジア乗り入れのためのエアライン会社で
フライトアテンダントのトレーニングが積まれていた・・・


flight11.jpg

「どうだ、研修は進んでいるか?就航まであと数週間だぞ」
新航空会社を仕切るエクゼクティブが、トレーニングセンターを訪れた。
「はい、世界から選りすぐりのフライトアテンダントたちですからね!」
「ほう・・・」
ひげ面の男はガラス越しに特設のトレーニングルームを覗きながらあごひげを撫でた。
ジャンボジェット機内そのままのセットは、ジェットエンジンの音さえリアルに再現されて
中では数名のフライトアテンダントが数人の男性客とともに『特別訓練中」だった。

「あの・・日本人のアテンダントは・・・?」
「はい・・ミキ・サノと申します。ベテランのパーサーで、先月、ここにやってきました。やはり現場を離れたくないと・・・」
「ふむ・・・」
「なかなかの上玉です。もちろん、パーサーとしての豊かな経験の上に、さらに上級の接客サービスを習得しています」
「サービスというより、あれは・・」
「はい、仰るとおり、あの女の天性のものかと・・・」
「ふふ・・・スカウト・マンは良い仕事をしているな・・この調子で仕上げを頼んだよ、世界一の機内サービスを、顧客は望んでいるんだからね!」

白濁にまみれながらも、切れ長の目で微笑みを絶やさない美希や各国の美女達をガラス越しに見て
そのエクゼクティブは事業の成功を確信した・・


(続く)





テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等
ジャンル : アダルト

プロフィール

のいすか

Author:のいすか

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる