FC2ブログ

2015-09-27

万屋事変68

ポチさんの小説 2015.9.27更新分

朝、遅刻してきた信康は 巴社長の後ろに回り 突然
tomoe-office-2.jpg
男どもは、ボーゼンと・・・



office tomoe
ケータ君の夢だったんだけれども、
今回の巴社長の台詞は 最高です!!

2015-09-27

万屋事変67 ケータ君の想像

ケータ君の想像は続く・・・

tomoe-upstairs.jpg

社長は無言で 強引に信康の手を引きながら 二階のへとあがっていく
自身の寝室は もう目の前だ・・・

tomoe-upstaire2.jpg

階段と巴社長・・・らくがき


tomoe-bedroom1.jpg

今夜の巴社長は、絶対に上に脱いだって!
ちなみにツマミは インゲンと人参の牛肉巻きではなかったかな・・・
ひとくちオニギリもサイドボードに用意してあったりと、ぬかりがないのが巴社長のスゴイところだ!

2015-09-25

万屋事変63 ケータ君の想像 玄関にて。。。

ポチさんの小説2015.9.20更新分より。

ケータ君の想像が 始まる・・・

四日ぶりの訪れ。巴社長は、どんなふうに出迎えたのか。
素気ない態度を取り繕うほどの余裕はあったのか? 
それとも、そんな空しい強がりは投げ捨てて、
玄関口で信康にむしゃぶりついて
無沙汰への恨みを口にしたのだろうか?

tomoe-home.jpg


tomoe-gekan2.jpg


tomoe-genkan3.jpg


genkanfuck.jpg

まさか玄関先でいきなり・・・ってことはありえまい・・・いや・・・どうかな?
三日も干された社長なら、わかんねーぞ・・・!

2015-09-23

万屋事変62

kta-receiver.jpg

ポチさんの小説
2015.9.20更新分 より

ほんとはケータくんの想像のはじめから描きたいっス
くそ~ 時間がない・・・

2015-09-22

JAZZY NIGHT!

秋も深まりつつありますが
そんな秋の夜はJAZZYにキメたい!

・・ってことで、ポチさんの小説の登場人物をジャズバンドに仕立ててみました。

tomoe-jazzy-fellows.jpg

「モダンで斬新なアレンジに、切れ味鋭い熱いプレイが注目のステージ!」
プレイヤー左から
K-ta(ピアノ) nobuyasu(ギター) TOMOE(ヴォーカル) kosuke(サックス) ”TJ”tatsuji(べース) tetu(ドラムス)

 新メンバー、nobuyasuをギターに迎え、まさに今最も熱い注目のバンドとなったTOMOE and the "YOROZ"Jazzy Fellows。
 これまでの地道な活動で定評のあったこのバンドですが、奔放で破天荒なギタープレイヤーnobuyasuを新たに迎えて、アレンジに危険な香りさえ漂わせる斬新で刺激的なアレンジが加わりました。

 まず、ヴォーカルのTOMOE。今最も艶っぽいヴォーカルでわれわれを魅了するTOMOEには昨今さらなる魅力が加わったようで、今までになかった新境地の艶っぽいヴォーカルを毎夜惜しげなく披露してくれます。TOMOEは40代ながらも超絶のプロポーションと美貌を保つ魅惑のヴォーカリスト。一方、男勝りの激しさと芯の強さも兼ね備えており、長くこれまでバンド活動を支えてきました。各界からの評価も高く、安定したバンド活動を続けており、今後もジャズ界を支えていく存在となっていくでしょう。
 一見はこれまでのTOMOEとは変わらないように見えますが、歌いだしで「おや、変わった?」と誰もが思うことでしょう。少しづつですが、衣装もこれまでのスポーティーなものより、セクシーなものへと変化しつつあります。今回のライブでは、純白の薄手のドレスを纏ってのものとなっています。(かつてのTOMOEからは創造もできませんね!)
 さらに、昼と夜の声色の使い分けや、色艶が乗って深みので出たヴォーカル、喉の奥で音色に快美を加えていると思われるTOMOEの新ヴォーカルテクニックにあなたは気づくでしょうか?巧みに隠されたTOMOEの変化をセッションからどれだけ汲み取れるか?あなたの感性が問われる、注目のライブとなっています。

 さて、今回のセッションでは、新メンバーnobuyasuの一見荒っぽいながらもひそかに隠された超絶テクは必見です。ココ最近メンバーとなったnobuyasuですが、なぞの部分が多い若手メンバー。普段の定番ナンバーではギターのパートも少なく、まったく目立たずぱっとしない(実際、違和感すら感じる)のですが、特にTOMOEとのコンビセッションの絡みになると、普段の様子からは想像もできないような底なしのパワーサウンドを発揮し、バンドリーダーであるヴォーカルのTOMOEを翻弄するようにリードしまくります。まったく予想がつかない破天荒さを持ちながらも、実は非常に巧みで”スゥイングとは何か”を知り尽くしたかのようなギターサウンドに、TOMOEもこれまでになく艶っぽいヴォーカルを搾り出して応える絡みは、会場の誰もが興奮すること間違いなしでしょう!

 また、今回特別参加のkoichi(サックス)は、TOMOEの息子であり、大学生ながらも父親ゆずりの冷静沈着さで用意周到な譜面で悲哀感漂うサックスを披露しています。母のTOMOEとのセッションでは、緊張感漂うサウンドコラボを奏で、一種の哀しささえも感じさせます。今後、溜め込んだひそかなTOMOEへの想いがどのような嘆きのサクソフォンとなって披露されるか、非常に楽しみです。

 そして最近とみに実力を付けてきているK-ta(ピアノ)は、最も若手ながら、常にTOMOEnobuyasuとのコンビセッションにバックグラウンドとして参加。ヴォーカルとギターの熱く激しい掛け合いに、毎晩暗がりの中でひとりピアノアレンジを研究しているという多彩なアレンジでサウンドに彩りを加え、このバンドの艶やかな一面をさらに増幅させています。ファンの間で熱く語られるTOMOEとnobuyasu、K-taでの一夜限りのトリプルセッションは、このバンドでのエポックメイキングなハプニング的なものでした。それからK-taは実力を付け始めたといわれていますが、今後のセッションではTOMOEとのコンビセッションが噂されています。しかし、筆者はそのようなことは今後ありえないと思っています。

 ベースのTJことtastujiと、ドラムスのtetsuは、このバンドの創設当時からのメンバーであり、ライブ活動では欠かせないメンバー。寡黙なTJは、目立たないながらも重厚なベースを奏で、このバンドを下支えしています。tetsuは「とおる」と読むのかも知れませんが、メンバーからはこの愛称で呼ばれているこのバンドのムードメーカー的存在。ヴォーカルのTOMOEとは旧知の仲で、サックスのkoichiのこともよく知っており、ぴったりと息の合ったビートをスパイシーに刻みます。ときおりその血の熱さからソロパートではやり過ぎて楽屋裏でリーダーのTOMOEからお目玉を食らうこともあるとか。そんなふたりの掛け合いも、お互いを知り尽くしているからなのでしょう。

 また、ここには載っていませんが、すでに引退したMASA(トランペット)さんは、いまや演奏することはありませんが、ライブの時にはサウンドミキサー担当として、客席の向こうからこのバンドを見守っています。
 かつてこのメンバーであった「志がき」の親方saburoも、バンドのツアーの際にはいろいろ雑多なサポートをしてくれます。
 忘れてはならないのが、バンド広報担当(自称)のYAMA-GENです。演奏のチラシ、会場設定、衣装、資材のトランスポートからメンバーのケータリングまで、別に頼まれたわけでもないのですが自ら好んでこのバンドをサポートしているということです。

2015-09-19

万屋事変61

自宅に信康を招き入れ・・・

tomoe245.jpg
二人で入った風呂上り、社長の濡れた髪・・・
さっそくまた脱衣場で・・・  って感じです。

tomoe2125.jpg

寝室では 上になってがっつく、がっつく!





やがて信康が毎夜訪れることはなくなり
ここ三日間、待人が訪れることはなく・・・
scan-img024.jpg



ポチさんの小説より

2015-09-13

万屋事変60

ひっさしぶりの更新で!
今回はインクでかぶらペンでペン入れしてみました。
未完成ですが、ちっとは漫画風になったでしょうか・・・?


ケータ君がふすまの向こうに見たものは・・・
scan-img018.jpg


左スミにたたずむのは、巴社長と信康の秘密を知ってしまったケータ君です。
社長と構図がかぶり、ちぃっと失敗です。
もうちょっと苦悩の表情のクローズアップで左側を向いてればよかったな・・・。
右上の社長の◎◎ズリも髪が乱れすぎで失敗。面相筆で描きまくっていたらヤリ過ぎた・・・

いんや~ やっぱり、最強の母であり熟女、巴社長のガッツキ具合ははいいね!ポチさん!

拍手コメントありがとうございます。

次なるは・・・
実は、社長の家に信康が通う(社長が招き入れる?)ってのが、ココロにズッキンきてしまうのいすかです。
しかも、社長は甲斐甲斐しく、夕飯まで作って・・・そしてその後は・・・
社長の寝室?浴室?リビングで?いや、階段で?キッチンで?信康は社長に裸エプロンさせたのか??
・・・妄想はつきません・・・
プロフィール

のいすか

Author:のいすか

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる