FC2ブログ

2017-06-10

玲子ママ、乳房を嬲られ

Mi familia つづき 投稿者:ポチ 投稿日:2017年 6月 4日(日)13時50分34秒
より

scan2017783.jpg



「釣鐘型の巨大な膨らみを掌に掬い乗せ・・・」
釣鐘型の巨大な膨らみ

巨大な膨らみ
うおおおおお~~~~!!


「唇は固く引き結んだまま、ただ鼻から洩れる息の乱れ」
おおお・・・

「わざとらしいほどにソフトなタッチへと切り替わった乳房への玩弄、やや大ぶりな乳輪をそうっと指先でなぞられて、その繊細な刺激に思わずゾクリと首をすくめて鼻から抜けるような息を洩らしてしまう。さらに硬く尖り立った乳首を、指の腹で優しく撫で上げられれば、ああッと甲走った声が抑えようもなく吹きこぼれた。」

ふぉおおおお~!

「赤裸々な己が心の“真実”などを追及されるよりは、ひたすら肉体の快楽に狂わされるほうがずっとましだ、と。そんな述懐を言い訳として、肉悦へと溺れこんでいく自らをゆるす。
「ああ、アアッ」

うっおおおお~!!

すいません、興奮しきりで・・・


だって、これまではひたすらクールな描写だった玲子ママですから、
こんな反応みせるって・・・!
一字一句が、もう、エロエロです!

そして最後のパート。

「そう、そのときにも怜子はその言葉を口にしたのだった。“どうして?”と。いまとは逆の意味をこめて。
深夜の寝室で、ひとり寝のベッドの上で。もどかしさに啜り泣きながら」

あっーーーー!やっぱりあの晩ーーーー!!
読者ガーン!って頭ぶん殴られ、ですよ~~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のいすか

Author:のいすか

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる